無断予約キャンセルはサロンによってはペナルティもあります

誰でも急な予定ができることはあると思います。

脱毛を受けているあなたにもそういったことはあるかもしれませんね。

もしくは、これから脱毛を受けようと思っている方はそういったことが起こるかもしれません。

例えば、仕事で急に会議が入った、急なアポイントが入った、家庭の用事など、急用はいつどんな時に起こるかわかりません。

しかし、もしこれから脱毛を受けようと思っているのであれば、当日に急用が入ってドタキャンしなければいけない時は要注意です。

なぜ要注意なのか、こちらで説明していきたいと思います。

会社にしてもプライベートにしても、やはり急に予定が入ってキャンセルしようと思ったら、一報連絡を入れるのが普通です。

脱毛を受けるにあたっても、もし何か予定が入ったらまずはサロンに連絡するようにしてください。

もし脱毛日に行けなくなった場合、連絡なしで行かなかったらどうなるか、説明したいと思います。

やはり人としてそのようなことがあってはいけないのですが、万が一連絡を忘れてしまった場合でも、ペナルティを課せられることがあります。

サロンによってそのペナルティの内容は違うと思いますが、サロンによっては無断欠勤すると脱毛回数から1回引かれるとか、罰金を取られるところも少なくありません。

特に、大手サロンの場合はそのあたりのシステムはしっかりしていることがあるので、注意が必要です。

また、キャンセルだけではなく、1分でも遅刻した場合でもペナルティがあるところもあります。

厳しいように感じますが、サロンもたくさんのお客さんを施術しなければいけないので、遅刻やキャンセルはとても迷惑なのです。

なので、当日はできるだけ遅刻しないようにし、キャンセルも予定が分かっているなら前もって行うようにしてください。

もしその日脱毛をするのが厳しそうであれば、あらかじめ余裕を持って他の日に予約しておくことをオススメします。

脱毛は定期的に、長期間行わなければいけないので、サロンと脱毛を受ける人がお互い気持ちよく脱毛が進むように心がけたいですね。

もしものことに備えて、倒産の恐れがほぼ無い大手チェーン店で脱毛すると安心♪

こんな時代なので、いつどんな会社が倒産するかなんてわからないですよね。

特に脱毛サロンは全国的にとても多くなってきているので、どこのサロンも経営に必死になっています。

しかし、そんな脱毛サロンの事情はお客さんは全く知らないわけです。

なので、もし自分が通っているサロンがもし倒産したらどうでしょう?

せっかく綺麗になるために脱毛に通っているのに、そんなことが起こってしまったら悲しいですよね。

なので、脱毛サロンを選ぶ時は細心の注意を払わなくてはいけません。

では、どんなサロンを選べば倒産の心配がないのでしょうか?

正直なところ、どんなサロンを選んでもいつ倒産するかなんてわかりません。

しかし、無名の個人店よりも、やはり大手有名チェーン店の方が倒産する確率は低いと言えます。

これはどんな会社でも同じですが、やはり大は小をかねるという言葉とおり、規模が大きい方が安定はしていると思います。

なので、もし脱毛サロンに迷っているのであれば、できるだけ規模の大きいサロンを選ぶことをオススメします。

そうすれば、倒産する可能性は極端に少なくなることでしょう。

しかし、もし自分の通っているサロンが倒産してしまったらどうしたら良いのでしょう?

施術を受ける人は泣き寝入りをするしかないのでしょうか?

実はそんなことはありません。

もしコースを契約してお金を払っていたとしても、場合によってはコースの続きを受けられる場合があります。

本当に規模の小さい個人店であれば、そういったことは難しいかもしれませんが、大手だと大体はそのようなシステムになっています。

しかし、全く契約したコースと同じ内容が受けられるわけではなく、一人一人の上限金額が決まっているなど、サロン側の指定もあるそうです。

クレジットカードを利用している場合は、支払いを中止することも可能です。

信販会社に支払先のエステサロンの倒産の旨を伝えれば大丈夫なので、忘れずに行うようにしましょう。

サロンの倒産は大変なことですが、慌てずに、まず自分ができることをやることで、泣き寝入りせずに済みますよ。

脱毛後にやけどのような症状になったらすぐに冷やして処置しよう!

脱毛を受けるとなると、やはり気になるのはお肌へのダメージです。

どうしても脱毛はお肌にも多少なりともダメージを与えてしまうので、できれば脱毛後も肌トラブルが起こらないようにしたいところです。

では、どういったことをすれば肌トラブルが起こらなくなるのか、こちらで紹介したいと思います。

肌トラブルといっても色々な種類がありますが、特に脱毛時に起こる火傷のトラブルは深刻です。

滅多に火傷のトラブルは起こらないのですが、肌がデリケートになっていたり、敏感になっていたり、日焼けをしていた際には火傷となってしまうことがあります。

なので、もし火傷をしてしまったらどうすれば良いのか、こちらで説明していきますね。

普段の生活の中でも火傷をしてしまうことはあると思いますが、大抵の場合、まずは患部を冷やすと思います。

火傷をした部分は熱を持っているので、一刻も早く冷やして、患部の炎症を抑えることが大切です。

脱毛においても、普通の火傷と全く対処法は同じで、もし火傷をしてしまったら患部をすぐに冷やしてくださいね。

サロンで火傷をしたことがわかったら、スタッフにその旨を伝えて、冷やしてもらうようにしましょう。

自宅に帰ってから赤くなってきたなどの異常が見られたら、保冷剤などでしっかりと冷やすことが大切です。

火傷になってしまう原因はたくさんありますが、脱毛を受ける人だけの責任ではないこともあります。

例えば、レーザーの力が強すぎたり、保湿ジェルの塗りが甘かったり、とサロン側に責任があることもあります。

脱毛を行うスタッフもたまにですがこういった失敗をしてしまうので、もしそういった失敗があったとしても、それもリスクだと思うようにできると良いですね。

もちろん、もしサロン側の責任で火傷をしてしまった場合は、最善の対処をしてくれるので安心してください。

やはり脱毛とは、多少なりともリスクを負うのが普通なので、必ず何もトラブルが起こらない、と思って脱毛をしてはいけません。

逆に何か起こると思って脱毛をするくらいの方が、対処法にあたふたしなくて良いかもしれませんね。

もし何かトラブルが起こっても良いように、日頃から脱毛に関する知識を身につけておきましょう。